前へ
次へ

バーベキューは行政ルールを徹底してこその価値

バーベキューは野外で野菜や肉などを焼いて食べるわけですが、近年は調理器具だけでなくて食材までも業者が用意してくれるサービスが登場しています。
かつてのように自前ですべてを用意しなくてもいいというわけで利用者もそれなりの数を確保しているようです。
場所はどこかの河川敷でやる場合がほとんどです。
しかし最近はごく一部の業者と一部の利用者によるごみ問題が顕在化するようになりました。
ゴミが近くに散乱したり、近くの住民のためのごみ集積場にそれらが勝手に持ち込まれるなどして苦情が多発しているといわれます。
それのために一部市町村などでは河川敷などでのバーベキューなどを禁止したりなどしていたりしますが、禁止できていないところもあるなどして対応が統一しきれていません。
こう記述するとその行為自体がネガティブとか批判的に見えるかもしれません。
しかしバーベキューを円満にやるには周辺住民や行政との信頼関係が欠かせません。
ゴミを不法投棄したりなどすることなく、すべてを自宅に持ち帰ってこその価値になります。
ゴミ不法問題をなくす一環として、河川敷などでの罰金を徴収したり、不法投棄をやらないように監視する行政監視職員を終日配置したり、入場料を有料にするなどの対策もときに必要かもしれません。

Page Top