前へ
次へ

手ぶらで行き来できるバーベキューあるらしい

バーベキューは屋外でグリルなどを用意して肉や野菜を焼いて食べる行為を指します。
かつて子供の時代にそれを体験しまして、それは夏休みのキャンプのときにやりまして、ある意味では楽しい思い出となりました。
しかし夏休みのキャンプのときは気温も35度以上と非常に高くて日差しも強すぎること、夕方になると蚊などの害虫がたくさん発生して、それとの戦いになりやすくなります。
もちろん非常に蒸し暑いので、食材が腐らないようにするための対策も欠かせません。
ということで気温も高くなってしまった現在では今思えば、やるならば10月以降の秋などにやるほうがコンディションとしてはベターであるのは言うまでもありません。
そんなバーベキューは最近では自前で用意することなく、どこかの河川敷で業者が提供してくれるサービスなるものが登場しています。
これは日本全国のどこでもというわけではありませんが、事前に電話予約などをして、指定された日時に指定された場所へ行けば、グリルなどの調理器具を用意してくれます。
さらに驚かされることは肉や野菜などの食材も用意してくれます。
なので手ぶらで出かけて手ぶらで戻ってくることもできます。

Page Top